桜はまた1年後。


桜 虹 なんかめでたい感じです。

4月26日インターネットを使った薬の販売を巡って争われた裁判で、
東京高等裁判所はネットでの薬の販売を認める判決を出しました。

「ネット販売では薬を買う人の症状などを把握するのは難しく、副作用の健康被害を防ぐために規制は必要だ」
とする一審の判決を覆すものです。

「ネットでの薬の販売は、かつて想定されていなかった新しいものだが、法律はこうした販売方法を原則的に
排除しているわけではなく、多くの薬のネット販売を一律に禁止する現在の国の規制は違法」
との判断からです。

「現状では、インターネット上で安全を確保して、薬を販売する環境は整っていないと思う。
一般の商品と違って、医薬品には副作用が起こりうるという特殊性があり、
リスクと切り離して考えることはできない。国民の利便性は安全が担保されたうえで
成り立つものであり、きょうの判決が薬の特殊性をどれだけ理解して出されたものなのか疑問だ」
全国薬害被害者団体連絡協議会の方のコメントもあるように、
情報伝達、安全性の確保の面からもこれから大きな課題を残すものとなります。

インターネットショップの売り上げ規模は年々伸びています。
いかに我々が変化に対応していけるかが問われているとも感じます。

中西

桜はまた1年後。」への1件のフィードバック

  1. Unknown
    はじめまして。

    「薬剤師ブログタイムズ」と申します。
    突然の書き込み失礼いたします。

    薬剤師ブログタイムズは、薬剤師さんのブログのみを集めた新しいブログランキングで、現在、様々な薬剤師さんのブログ記事をご紹介させていただいております。まだサービスが始まったばかりということもあり、現在、ブログランキングにご参加下さるブログ様を募集しています。

    この度、貴ブログを読ませて頂き、是非、薬剤師ブログタイムズのブログランキングにご参加頂ければと思い、書き込みさせていただきました。

    突然の書き込み申し訳ございません。
    もし宜しければ、ご検討いただけると幸いです。
    どうぞ宜しくお願いいたします。

    ■薬剤師ブログタイムズ
    http://r-yakuzaishi.net/blog-times/

    ■薬剤師ブログタイムズランキング参加ページ
    http://r-yakuzaishi.net/blog-times/join/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です